おすすめ【実況なし動画】を紹介するブログ

実況ありも実況なしも好きだけど、実況なしの動画って中々見つからない。
ということで実況なしを集めたブログを作りました。
ゲームの素晴らしさと共に、素敵な動画も広めたい。
リラックス出来る「作業用環境音」も紹介しています。

【実況なし】映画好きは堪らないデトロイトビカムヒューマン

ゲーム
スポンサーリンク

DETROIT: BECOME HUMAN( デトロイト ビカム ヒューマン )

公式サイト

フランスのクアンティック・ドリームが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より発売された、アクションアドベンチャーゲーム。

2038年、アメリカのデトロイトが舞台。

人間そっくりのアンドロイドが製造されるようになった世界を、アンドロイドの視点から見つめていく。

3体のアンドロイドにそれぞれのシナリオがあり、プレイヤーの行動・選択によってストーリーやエンディングが変化する。

 

主人公はアンドロイド

コナー

男性型。警察の捜査をサポートするためのアンドロイド。

人間の顔をスキャンし身元を特定出来るなどの様々な特殊能力を持つ。

コミュニケーション能力が高く、交渉も行うことが出来る。

ハンク(人間)とタッグを組み、事件を解決していく。

カーラ

女性型。掃除・料理・育児をサポートするためのアンドロイド。

所有者が子供(アリス)を虐待している場面を見て覚醒、感情を持つ変異体となった。

アリスを守るために連れだし、安心して暮らせる場所を求めて彷徨う。

マーカス

男性型。自立型のアンドロイド。

画家のアシスタントをしていたが、暴行を受け覚醒し変異体となる。

人間に危害を加えていると誤解され、警察官によって破壊・遺棄されてしまうが、奇跡的に復活。

この世のアンドロイドの暗部を見て、アンドロイドの自由と権利を得るために革命を起こそうと動き出す。

 

スポンサーリンク

アンドロイドにも個性がある時点で、人間っぽい

信頼を得るため、複数の選択肢の中から「一番良いと思われるものを選ぶ」ことは、我々人間もおこなっている。

信頼を得ることによって、何かをスムーズに行うことが出来たり、何かを得ることが出来たりすると分かっているからだ。

その選択のプロセスが、「プログラム」なのか「感情」なのか。

この違いによって受け取る印象は大きく変わる。

序盤は、アンドロイドの選択プログラムが無機質なものとして描かれ、アンドロイド=機械と強調されていたように思う。

 

その後、アンドロイドが変異体となり感情をもった時、その違いは崩れる。

プレイヤーに対して、感情を持ったアンドロイドの存在を、人間を同じ存在として見ることが出来るのか、と問いかけられているようだった。

特にカーラ編では、「心の奥底で」アンドロイドをどのように見ているかを、目の前に突きつけられたように感じた。

 

3体のアンドロイドは別々のストーリーなのだが、それぞれのストーリーが絡み始める後半から、深みが増していく。

同じシーンでも視点が変わることで、双方のアンドロイドが置かれている状況や行動について知ることが出来て、どの視点でも胸が締め付けられた。

この時にはアンドロイドに対する感情は、序盤とは全く違うものになっていた。

 

そして、主人公のアンドロイドだけではなく、彼らを取り巻く登場人物にも、何かしら共感できる部分が描かれていたように思う。

強硬派のアンドロイド、穏健派のアンドロイド。

アンドロイドを敵視している人、アンドロイドを助けた人、にも。

このあたりのストーリーや、人物像(アンドロイド像)の描き方は見事だと思った。

 

超・個人的感想

アクションなどには特に目新しいものを感じなかったが、映画の中に入ったようなゲーム世界には、かなり興奮した。

表情や場面などのグラフィックが美しく、それらの存在がリアルに感じられた。

もうそこに世界があるようだったし、自分の選択によって物語が形作られていく様は、まるで映画を作り上げているようで、映画好きには堪らないものだった

映画のようなゲームではなく、ゲームのような映画だと思った。

 

ちょっとした選択肢によってストーリーは大きく変化していく。

人間か、機械か。アンドロイドの主人公を通じて、感情を揺さぶられ続けた。

コントローラーを強く握り締めながら、「最善」だと思う決断を下していったが・・・。

 

どのストーリーにも共感でき、それらの感情の波に飲まれることになった。

その波は、自分の選択によって作られた波

考え抜いて選択した答えが、望んだ結末に繋がっていなかった時の刹那さ

自分の選択が正しかったのか、他の選択ではどうなっていたのか、考えされられた。

 

別の選択肢を選んだ場合の物語も、後で知ることが出来る。

同じストーリーを分岐点まで戻って選択しなおすことになるが、それが出来るのはゲームならでは。

人生も、こういうことが出来ればいいのに。

 

動画

視聴について

このゲームには残虐な表現が含まれています。視聴には注意が必要です。

「ゲームの主人公は俺だ。全ては俺が選択し、グッドエンディングかバッドエンディングかも俺が決める。」と、感情移入しやすい人には、もってこいのゲームです。

 

選択肢によって分岐される展開や、その後のエンディングを全て見ようと思うと、かなりの時間ゲームに没頭することになります。

完璧主義者の方は連休が取れるまで、ゲームの購入および動画の視聴を控えた方がいいでしょう。

「いいや待てないし全てを英語音声で見たい」という方は、今すぐゲームを買ってしまえば良いでしょう。

【PS4】Detroit: Become Human
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥ 5,070(2018/11/06 15:33時点)

 

CERO:D(17才以上が対象)

実況なし・英語音声・日本語字幕

「【映画】Detriot Become Human – The Movie Connor’s Story Episode  1・英語音声コナー編①(ENG Voices/JP Subs)」(プレイリストOmegaGamesWiki

【映画】Detriot Become Human – The Movie Connor's Story Episode 1・英語音声コナー編①(ENG Voices/JP Subs)

OmegaGamesWikiさんの動画です。

映画のように見ることができる、特別編集になっています。

この編集がまた凄いんですよ。

下で紹介しているバージョンもそうですが、素晴らしいクオリティです。

何度も何度も書いてますが、OmegaGamesWikiさんの動画は、酔いませんし見やすいです。

ゲームを買おうか迷っている人の、背中を押してくれる動画だと思いますよ。おすすめ。

 

実況なし・日本語吹き替え・日本語字幕

「【PS4 PRO】DETROIT BECOME HUMAN – #1A Prologue 人質・100%成功率 ED(100%コンプリート率攻略)」(プレイリスト

【PS4 PRO】DETROIT BECOME HUMAN – #1A Prologue 人質・100%成功率ED(100%コンプリート率攻略)

OmegaGamesWikiさんは、100%コンプリート攻略動画も公開されています。

このゲームは、ムービーを飛ばすことが出来ませんので、どうしても再プレイに時間がかかってしまい、全てを見ることはなかなか難しいです。

沢山の分岐点を作っておいて、そりゃないよって思いますよね。

そんな方には、こちらの動画をおすすめします。

この動画では、様々な選択肢のストーリー展開を、好きな分岐点から見ることが出来ます。

プレイリストは、驚きの157本!

もう圧巻ですよ。おすすめ。

コメント