おすすめ【実況なし動画】を紹介するブログ

実況ありも実況なしも好きだけど、実況なしの動画って中々見つからない。
ということで実況なしを集めたブログを作りました。
ゲームの素晴らしさと共に、素敵な動画も広めたい。
リラックス出来る「作業用環境音」も紹介しています。

【実況なし】初ゼルダの伝説で感動ブレスオブザワイルド

ゲーム
スポンサーリンク

「ゼルダの伝説 Breath of the wild (ブレス オブ ザ ワイルド)」

任天堂

30周年を迎えた大人気シリーズ「ゼルダの伝説」

女の子の「目を覚まして」という声が聞こえ、目を覚ました主人公リンク。

起き上がってみると、どうやら洞窟の中のよう。

青い模様が入った石に導かれ、調べてみるとシーカーストーンというものが出てきた。

そのシーカーストーンを使い扉を開け、光を目指して洞窟の外にでると、そこには美しい景色が広がっていた。

 

眠りから覚めたリンクだったが、一切の記憶を失っていた。

聞こえてくる女の子の声や、出会った人々によって、リンクは過去を思い出していく。

そして己の使命も。

封印されていた魔王ガノンが復活し、ハイラル王国は崩壊してしまっていた。

生き残ったハイラル王の娘ゼルダ姫が、100年もの間たった一人で、魔王ガノンを抑え続けているのだ。

魔王ガノンを討伐するため、そしてゼルダ姫を救うため、リンクは冒険へと旅立つ。

 

初心者が知っておきたい予備知識

世界

ゲーム内の1時間は、現実世界の1分。つまりゲーム内の1日は、現実世界の24分。

世界は、朝・昼・夜と変化していく(時間を進めることも可能)

それに伴い、出現するモンスターや動物なども変化していく。

気温

プレイ画面にミニマップを表示した場合は、ミニマップの左側に温度計が表示されている。

主人公は気温の寒暖によってもダメージをうけるので、注意が必要。

青い色のメモリ部分やオレンジのメモリ部分に針がきている場合は、ガード効果がある防具・効果的な料理を作って食べる、などの対策が必要となる。

物音

温度計の下に「音センサー」が表示される。

これは主人公が動いた時に出る「音」を表すセンサー。

大きい物音を立てると敵に見つかりやすくなるので、物音を立てずに進める際に役立つ。

ライフ

プレイ画面左上に赤色ハートで表示されていて、ゲーム開始時のライフは3つ

回復方法は、りんごなどの素材をそのまま食べる、料理する、宿屋、馬宿での休憩。

一時的にライフ最大値を増やすことが出来る方法があるが、その一時的に増加しているライフは黄色のハートで表示される。

敵からの攻撃だけでなく、高い所からの落下・気温(寒暖)・冷たい水に入る、などでもダメージをうける。

ダメージをうけるとハートが減ってしまい、ゼロになるとゲームオーバー。受けるダメージ量が大きいと、即ゲームオーバーになってしまう。

がんばりゲージ

主人公の左上に表示される緑色の円で、スタミナを表したもの。走る・壁を登る・泳ぐなどの動きで、がんばりゲージを消費する。

そのようなゲージを消費する動きをとらずにいれば、時間経過とともに少しずつ回復する。

ゲージを全て使ってしまうと主人公が疲労してしまい、全回復するまではゲージを消費する動きが行えない。

ルピー

ゲーム世界で流通している通貨。

料理

各地に配置してある鍋を使って、拾った果物やキノコや魚などを料理して食べることが出来る。料理することで回復量がアップする。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド パーフェクトガイド
KADOKAWA
¥ 1,363(2018/11/02 22:26時点)
攻略サイトもいいけれど、ゲームをしているときに横に本があるとすぐ見られるし、アイテムも探しやすい。おすすめ。

 

ゼルダの伝説に触れたきっかけ

YouTubeのトップページに「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」の動画が出ていた。

あぁ、もう発売したんだなと横目で見ながら、ふと気付いた。

「ゼルダの伝説」について何も知らない。

かろうじて名前を聞いたことがある、というレベルだ。

名前しか知らないなんて、まるでバイオハザードの時と同じじゃないか。

【実況あり】心の奥底にある扉を開いたバイオハザード
【特別編】ここで紹介しているのは「実況ありプレイ動画(ニコニコ動画)」です。初代バイオハザードHD版。ゲームは、震えが来るほど怖いホラーだった。とにかく静寂が怖い、一歩進むのが怖い、背筋がゾクゾクしていた。それでも見続ける事が出来たのは、

いや、バイオハザードはホラーゲームであると知っていた。

・・・ゼルダって何ゲー?

 

検索上位に「ゼルダの伝説シリーズ」というウィキペディアが出てきて読んだが、あまりにも難しくて、ゲームシステムの2Dゼルダ・3Dゼルダの項目で挫折した。

分かったことは、

  • アクションアドベンチャーゲーム(RPG)
  • 昔からあるゲームで、複数のゲームシリーズが出ている
  • ゲームタイトルは初代の時から「ゼルダ」ではなく「ゼルダの伝説」

ということぐらいだった。

 

世界の「マリオ」だって、実際のタイトルは「スーパーマリオブラザーズ」だもんな。

そう思いながら、そっとウィキペディアを閉じた。

 

この時までは、シリーズの歴史やお約束を理解していないと、「ブレスオブザワイルド」を充分に楽しむことは難しいだろうと考えていた。

だからゲームを買うことまでは考えていなかった

 

動画を見て陥落

シリーズを理解することを諦め、YouTubeで「ブレスオブザワイルド」の動画を見始めた。

ただどんな冒険ゲームなのかを知りたかっただけなのだが、アニメーションが流れた最初から引き込まれっぱなし。

 

空間の広がりや奥行き、主人公が動きはじめた時のフィット感で、主人公を通して物語の世界に入っていくのを感じられた。(冒険物では特に重要な部分)

洞窟から外に出た時の映像と光が、息を呑む程の美しさで、「これから冒険が始まるんだ!!」と、鳥肌とワクワクで胸が高鳴っていた。

 

この最初6分間の映像だけで陥落した

実況なし動画だったので実況者の挨拶がなく、純粋にゲームの世界を感じられたのが良かったと思う。

「どんな冒険か分からないが、今すぐ主人公を操作したい。俺、一緒に冒険に出るんだ。」

そう思いながら、すぐさまゲームを注文した。

もう!こういうことがあるから、動画って面白いけど、同時に怖い。

財布からお金が消えていく。

だけど、素晴らしいゲームを知る事が出来て、幸せだ。

 

《 追記 》

ゲームが届いて、無事に冒険へと旅立つことが出来た。もう、本当に楽しい。何をしてもいいし。

ちょっとした空き時間には下の実況なし動画を見て、ずっとゼルダの世界に入っていられる。

日常のツライ事だって冒険で吹き飛ばせる。ありがとう任天堂、そしてゼルダの伝説。

 

超・個人的感想

オープンエアーって何ぞや?という人向けに様々な言葉での表現を考えたが、これは実際にプレイしていないと伝わらないと思う。

ゲームをプレイするまでは、使いまわされた「オープンワールド」という単語を言いたくないが為に、新しく作った任天堂用語なんだと思っていた。

だが実際にプレイすると「これはオープンエアーです(キリッ」と言いたくなるのが分かる。

 

大体のやってみたいが出来る(木に登ってリンゴをとったり転がる丸太に乗ったり)

そして広がっていく空間や、謎解きの自由さ。

たどり着く方法がひとつじゃないって面白い。

「マグネキャッチ=大きな物や重いものを動かせる」を使って敵を潰すと聞いたときは、そんな使い方も出来るのかと驚いた。

 

冒険ゲームでありながら、どこまでも自由。

このゲームは、冒険の進め方の自由さだけでなく、泳いで魚をとり続ける、燃やし続ける、壁を昇り降りし続ける、といった行動が出来る。

他人が見たら無駄とも思えるような時間を、プレイヤーの思うままに体験しながら過ごすことが出来るというのは、新鮮だった。

最初の頃は、ずっと壁を登っていたし、バシャバシャと泳ぎまわっていた。

 

シリーズを知らなくても楽しめる

過去の「ゼルダの伝説」について何も知らなかったし、勿論プレイしたことも無かった。

そんな状態で新作をプレイしても大丈夫だろうか、と正直少し不安だった。

 

だが実際ゲームを始めてみると、物語においても操作においても、全く問題なく楽しむことが出来ている。

それにゲームシステムは、

  1. アイテムを拾う
  2. 名前と詳しい情報が表示される
  3. 操作ボタンも教えてくれる

という超親切設計。

 

動きまわっているだけで、意識することなく自然に重要ポイントへと誘導されている。

もしゼルダ未経験で不安に思っている人がいるなら、安心してゲームを買ってプレイして欲しい。

いやほんと、楽しいからマジで!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch
任天堂
¥ 5,863(2018/10/30 03:53時点)
switchを持っているなら是非購入して欲しい作品です。

 

動画

視聴について

視聴すると、衝動的にゲームを購入してしまう恐れがあります。視聴には注意が必要です。

財布の中身を確認し「今月は、ちょっと厳しいな」という人は、視聴を先延ばしした方がいいでしょう。

仕事が忙しい人も、一段落つくまでは視聴を先延ばしした方がいいでしょう。でないと、仕事全てを放り投げてしまいそうになります。

お金にも時間にも余裕があるという人は、さっさとゲームを買ってしまえば良いでしょう。

CERO:B(12才以上が対象)

実況なし・日本語音声・日本語字幕

[プレイ動画]ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド#1[実況なし](プレイリストSpacio17

[プレイ動画] ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド #1 [実況なし]

Spasio17さんの動画です。

最短ルートの攻略ではなく、探索してゲーム世界を見せていくというプレイスタイルです。

動画の説明にもあるように「メイン進行と探索をできるだけ区別」されています。見やすいです。

これまでゼルダをプレイしたことがない人も、この動画で新作ゼルダの世界観に触れて貰えれば、大絶賛されている理由が分かると思います。

そして初心者にも優しいゲームシステムだということも分かるでしょう。おすすめ。

 

実況なし・英語音声・英語字幕

「The Legend of Zelda Breath of the Wild Gameplay Walkthrough Part 1 FULL GAME – No Commentary」(プレイリストRabidRetrospectGames

The Legend of Zelda Breath of the Wild Gameplay Walkthrough Part 1 FULL GAME – No Commentary

RabidRetrospectGamesさんの動画です。

英語音声での「ゼルダの伝説」を見る事ができます。

海外の方の動画は、ダイナミックな動きと大胆なカメラワークが多いため、視聴していて酔うこともあるのですが、この動画は動きが抑え目になっているので、見やすくなっています。

英語音声・英語字幕になるだけでも雰囲気が全然違いますし、英語の勉強にもなります。こちらもおすすめ。

コメント