おすすめ【実況なし動画】を紹介するブログ

実況ありも実況なしも好きだけど、実況なしの動画って中々見つからない。
ということで実況なしを集めたブログを作りました。
ゲームの素晴らしさと共に、素敵な動画も広めたい。
リラックス出来る「作業用環境音」も紹介しています。

【実況なし】初心者には難しかった オクトパストラベラー

ゲーム
スポンサーリンク

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

公式サイト

日本のアクワイアによって開発され、スクウェア・エニックスによって発売されたファンタジーRPG。

出身地・職業・旅の目的・特技も異なる、8人の旅人の中から主人公を選び、旅へ出る。

しかも他のキャラクターも仲間にする事ができ、そのキャラクターのストーリーも追う事が出来るという素晴らしいシステム。

誰を仲間にするかによって旅の進め方が変わるので、彼らの特技・役割などを考慮して決めていく。仲間にせずに無視して進めることも可能。

主人公と仲間のストーリーによって、自分だけの『 旅の物語 』を紡ぎ出せるRPGゲーム。

 

初心者がゲームを始める「前」に、知っておきたい予備知識

 

  • 最初に主人公として選んだキャラクターを、あとから他のキャラクターに変更することは出来ない。よく考えて選ぶべき。この人でもいいかーなんて駄目、絶対
  • 職業である「ベースジョブ」は、それぞれのキャラクターで固定されている。任意に変更できる「バトルジョブ」もあるが、それは後の話。
  • 街で役立つ「フィールドコマンド」と、戦闘で役立つ「固有アクション」も、それぞれのキャラクターで異なる。

 

まず重要なのは「ベースジョブ」「フィールドジョブ」「固有アクション」を知っておくことなので、それぞれのキャラクター分を 頭に叩き込んでおく

でないと後悔することになるぞ、私のようにな!

オルベリク

「剣士」・町人(NPC)と戦闘できる「試合」・防御コマンドをブーストできる「防御ブースト」

プリムロゼ

「踊子」・NPCを誘惑し一定期間同行させる「誘惑」・NPCを戦闘へ参加させる「加勢」

トレサ

「商人」・NPCからアイテムを買う「買取る」・歩くだけで金が貯まっていく「歩いてリーフ」

アーフェン

「薬師」・NPCが持つ詳しい情報を聞く「聞き出す」・素材を組合わせ回復や攻撃に使える「調合」

ハンイット

「狩人」・NPCに対してモンスターを襲うように「けしかける」・モンスターを捕らえ攻撃に使える「捕獲」

※フィールドジョブである「けしかける」は、戦闘中に固有アクションとして使うことが可能

テリオン

「盗賊」・NPCからアイテムを盗み出す「盗む」・テリオンだけが開けられる宝箱を開ける「開錠」

サイラス

「学者」・詳しい情報を探し出す「探る」・戦闘が始まる前に相手の弱点を知る「予習」

オフィーリア

「神官」・NPCを導き一定期間同行させる「導く」・NPCを戦闘へ参加させる「加勢」

 

スポンサーリンク

何も知らずに初見?待ちたまえ!

「主人公は2D・背景は3DCG」という、レトロゲームっぽいのに新しいという不思議な感じで、主人公が動くごとに背景の美しさが増していくように見えた。

人から話を聞いたり宝箱を勝手に空けたりという、RPGお約束のほのぼの展開、そしてバトル。

登場人物8人・特性・敵の弱点・フィールドコマンド(正道)(邪道)・ブレイク・ブースト・アビリティ・ジョブポイント、アイテム・ベースジョブ・バトルジョブ・・・。

 

2Dの可愛い見た目とは裏腹に、覚えることが多すぎてもう脳が沸騰しそうだった。

初心者は、始める前に予習しておいた方がいいと思う。公式や攻略サイトなどを見てからでも充分楽しめるし、このゲームの世界は広いし深い

情報を入れずに全く分からない状態で進めるのも、ゲームの楽しみの一つというのは理解出来るし、私もそう思う。

だが、このゲームにおいて予備知識は大事だ。

このゲームについて何も知らないけど、流行っているから購入してみようかな、と迷っている人がいたら、この完璧な公式動画を見て欲しい。

『 OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)紹介映像 総集編 』公式

ゲームの魅力や世界観が理解出来ると思う。

 

超・個人的感想

最初の段階で、覚える仕組みや主人公が多いことと、メニューなどの表示画面に馴染めなくて、大きく躓いた。予備知識を入れてなかったのが敗因だと思う。

 

あと、キャラクターが、表示された全ての台詞を言うのではなく、一部分だけを中途半端に言う(声が入る)ことの意味が分からず戸惑ったし、そのことが気になって仕方なかった。なぜ一部分だけ?

サガやファイナルファンタジーっぽいと書いてあるレビューを見たが、それらのプレイ経験があれば、もう少し楽にゲームに入っていけたのだろうか。

 

躓きすぎて凹んでしまったが、最初は難しかったバトルも、理解して実践を繰り返していくと俄然楽しくなってくる。バトルはこのゲームの大きな魅力だ。

特性を活かしながらどうすれば有利に進められるか、と戦闘時に考え込んでしまうぐらいゲームにのめり込んだし、バトルジョブを開放した時には、そりゃ世界中で売れますわ!と思った。

 

ゲーム自体は、ストーリーやキャラクターを含めたやりこみ要素など、自由度が高いRPGとの評判どおり素晴らしいゲームだったと思う。(強くてニューゲームがあれば尚よかった)

 

動画

視聴について

このゲームは「8人」のキャラクターストーリーが用意されているということから分かるように、ハマってしまうと時間が湯水のように消費されるゲームです。視聴には注意が必要です。

そして、とても広く深い物語ですので、人によってゲームの進め方などが大きく違ってくるゲームです。

その人その人の『 旅の物語 』を尊重する自信が無い方はプレイ動画を見ないで、攻略サイトを見るか、いっそゲームを買ってしまえば良いでしょう。

オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス
¥ 5,400(2018/11/06 16:16時点)

 

※CERO:C(15才以上が対象)

【Octopath Traveler】Part1(Japanese/Gameplay/No Commentary)【オクトパストラベラー】(プレイリストPlayShiyou

YouTube

PlayShiyouさんの動画です。テンポが良くて見やすいです。おすすめ。

コメント