おすすめ【実況なし動画】を紹介するブログ

実況ありも実況なしも好きだけど、実況なしの動画って中々見つからない。
ということで実況なしを集めたブログを作りました。
ゲームの素晴らしさと共に、素敵な動画も広めたい。
リラックス出来る「作業用環境音」も紹介しています。

【実況なし】想像を絶する狂気と恐怖 サイコブレイク

ゲーム
スポンサーリンク

「PsychoBreak(サイコブレイク)」

公式サイト

Tango Gameworksが開発し、ベセスダ・ソフトワークスから発売された、サバイバルホラーゲーム。

主人公の刑事セバスチャンと相棒ジョセフ達は、車で署へと向かっていた。

途中、無線による緊急応援要請を受け、犯罪現場となったビーコン精神病院へと急行する。

病院内に入ったセバスチャンと相棒ジョセフが見たものは、無数の死体と血の海だった。

生存者を発見し防犯カメラを確認していたセバスチャンは、犯人と思わしき白いフードの男に背後から襲われ意識を失う。

目を覚ましたセバスチャンが見たものは、化け物と狂気に満ちた世界だった。

悪い夢でも見ているのか、それとも現実なのか。

想像を絶する恐怖の中でセバスチャンは進み続ける。

生き延びるために。

 

初心者がおすすめする武器3選

1.マッチ

おいおいマッチかよーなんて声が聞こえてきそうだが、この世界のマッチは、そんじょそこらのマッチとは違うのだよ

転倒した敵にシュッと一擦りすれば、瞬く間に炎に包まれ死んでしまう。

敵があらかじめガソリンを被っているとしか思えないほどの燃え上がり

しかも近くにいる敵にも引火する。

タイミングを図ればまとめて仕留めることも出来るという、素晴らしいアイテム。

2.ショットガン

攻撃範囲が広く、迫ってきた敵をまとめて攻撃でき、近距離で高い威力を発揮する。

ハンドガンでヒーヒー言っていたときに、手に入れたショットガンの安心感は凄い。

音もいいし、爽快感がある。

弾が手に入りやすく、初期敵にもボスにも有効なので、強化しても無駄にならない。

弾が溢れて拾えないということがないように、出来るだけ早めに装弾数を上げておきたい。

3.アガニクロスボウ

弾がなければ銃なんて飾りにすぎない。欲しいボルト(矢)を自分でクラフトできるアガニクロスボウは、プレイヤーにとって心強い武器だ。

クラフトするには、集めたトラップパーツ(罠を解除した時や拾って回収できる部品)が必要になる。ボルトによって必要数が違う。

トラップパーツの数にも限りがあるし、ボルトは拾って入手できたりもするので、よく考えてクラフトした方がいい。

ボルトは5種類ありそれぞれに特徴があるので、有効な場面や敵を見つけておくと攻略の助けになる。

ハープーン・ボルト(トラップパーツ2)

敵を貫通させてダメージを与え、当たった敵を吹き飛ばす威力がある。前後に敵が重なった状態で打てば、2体同時にダメージを与えることが出来る。

消費するトラップパーツが少ないうえ、音も出さないので静かに攻撃したい場合に有利。

最大のレベル5まで強化すると、攻撃時に炎ダメージが付加される。だだし、必要なグリーンジェルは50000ポイント!

マイン・ボルト(トラップパーツ3)

設置型の爆弾で、広範囲にダメージを与えることが出来る。

敵が近づくとセンサーのように反応し、一定時間後に爆発する。敵に当てた場合は、一定時間後に爆発する。設置していても使わなかったボルトは、回収が可能。

ボルトをいくつか設置しておけば、敵を見失った時に爆発によって位置を把握することが出来る。

爆発するときに近くにいると、ダメージを食らってしまうので注意。

フラッシュ・ボルト(トラップパーツ2)

閃光を放ち敵の目をくらませ、一時的に行動不能にすることが出来る。その間にスニークキルで攻撃する。

透明になって姿が見えない敵も、このボルトを使うと姿が見えるようになる。

攻撃に使えるだけでなく、己の回復やリロードなど体制を整えるときの時間稼ぎにも使える。

フリーズ・ボルト(トラップパーツ5)

敵を凍らせて、一時的に行動不能にすることが出来る。凍った状態で攻撃するとバラバラになり即死する敵もいる。

着弾したエリアにいた敵が全て凍るので一網打尽に出来るのだが、消費するトラップパーツは5個と多い。

攻撃に使えるだけでなく、己の回復やリロードなど体制を整えるときの時間稼ぎにも使える。

ショック・ボルト(トラップパーツ4)

マインボルトの電流版。敵が近づくとセンサーのように反応し、一定時間電流ショックを与え行動不能にすることが出来る。

地面や壁の着弾したエリアにいる敵が全て電流ショックを受ける。敵に直接あてることも出来る。設置していても使わなかったボルトは、回収が可能。

攻撃に使えるだけでなく、己の回復やリロードなど体制を整えるときの時間稼ぎにも使える。

 

スポンサーリンク

ニコニコ動画のタグで知った生みの親

初代バイオにハマってから、他のバイオシリーズにも手を出していた。

どれも本当に素晴らしい作品ばかりで、バイオへの興味は尽きることが無かった。

【実況あり】心の奥底にある扉を開いたバイオハザード
【特別編】ここで紹介しているのは「実況ありプレイ動画(ニコニコ動画)」です。初代バイオハザードHD版。ゲームは、震えが来るほど怖いホラーだった。とにかく静寂が怖い、一歩進むのが怖い、背筋がゾクゾクしていた。それでも見続ける事が出来たのは、

いつものように、ニコニコ動画を見ながら、上の方にあるタグを読んでいた。

「タグ」とは、カテゴリーやゲーム名などの情報を示すもの。

ニコニコ動画のタグは、誰でも編集できるようになっていて、文才ある人達の遊び場になっていた。

爆笑しながらも思わず唸るような秀逸なタグが多く、そのタグを読むこともニコニコ動画の楽しみの一つだった。

 

そのタグのなかに「三上真司」という人の名前を発見した。

そして、その三上真司さんがバイオハザードを生み出した人である事を知った。

製作者の名前がタグに書き込まれるなんて、さすがバイオ。

確かにバイオ好きな人なら書いてしまうかも、というか書きたい気持ち分かる。

 

そんなバイオファンにとって神の如き人が、新しいゲームを出すという記事が。

そのゲーム名は「サイコブレイク」。ホラーですね、間違いなくホラーですね、と興奮した。

ゲームの発売を待つことが、こんなにも楽しいものだったなんて。

新しいゲームが発売される度に、ゲームファンはこのようなワクワク体験をしていたのだろうか。

そんな経験が沢山ある人がうらやましい。

 

謎のままスタート、謎のまま進めて、謎のまま終わる

そうして手にしたサイコブレイクに、感動もひとしお。

実際にプレイした作品は、思っていたよりグロ要素が強くて最初の方で少し吐きそうになったが、ゲームの世界観は素晴らしいものだった。

不気味で猟奇的で、進むのが怖くてたまらなかった。

物語の世界、主人公の背景、それぞれの絡みが、絶妙の配分で形作られていた。

ホラーゲームとしては、この「分からないまま進む」というのも恐怖をそそる部分だと思う。

 

回収する警察手帳によって、少しずつセバスチャンの過去を知ること出来る。

彼の思考・周りの人々との関係・苦悩、が明かされていく。

ただ、それらから得られる情報は断片的なもので、明かされない謎の方が多かった。そして謎のまま終わった。

正直なところ、もう少し謎を明かして欲しかったが、追加DLCや2が出た今となっては初代はこれで良かったと思う。

初代 → 追加DLC → 2 とプレイすることで、初代の謎が明かされていく。

 

スキルのアップグレードや地図パーツの回収・鍵の回収などのやり込み要素がある。

アップグレードにはグリーンジェルというアイテムを回収していくが、落ちている量があまり多くない。

初期体力が70歳並のセバスチャンを、40歳並にするだけでも相当のグリーンジェルが必要。

必然的に、鍵を回収してからロッカーを(アイテムがランダムに入っていて、大量のグリーンジェルが入っていたりする)開けていくことになる。

下で紹介している動画は回収100%なので、行き詰っている人がいたら参考になると思う。

 

超・個人的感想

弾が無いのをカバーするために、敵を殴って離れるを繰り返そうとして、セバスチャンが息切れしてしまった。

体力の無さを絶妙にカバーしながら進めることが出来れば、少しは楽だっただろう。

私の操作スキルでは難しくて序盤なかなか進めなかった(これは私自身の問題であり、作品の落ち度ではない)

体力や武器のアップグレードなどの要素があるのだが、まずそれらをどうこうする前に死んでしまっていた。

体力の無さ+敵が硬い+ハンドガン弱すぎィィ

 

ホラー要素の他にも楽しさがあった。

セバスチャン・相棒ジョセフ・部下キッドの、3人噛み合っているようで噛み合っていない感じ。

そして相棒ジョセフのヒロインっぷり。

セバスチャンは、ずっとジョセフジョセフと気にかけているし。

命がけでジョセフの眼鏡を取りに行かされた挙句、驚くような言葉を言われたのに、嫌味の一つも言わないとか。

どんだけジョセフに甘いんだよ。

そのような相棒ジョセフとの信頼関係が垣間見えるストーリーがとても良かった。

 

クリアした後に、下の実況なしプレイ動画を見た。

同じゲーム?と思うほど主人公の動きが違っていた。

しかも「悪夢」で、死亡なし・貴重品全回収の攻略プレイ。

その人のプレイが上手すぎて笑いが出た。

攻略のプレイを見て、こういうルートで行けばいいのかとか、こういう敵の倒し方もあるんだなと知ることが出来るのも、動画のいい所だと思った(再現は不可能)

 

動画

視聴について

このゲームには残虐なシーンやグロ要素がたくさん含まれています。視聴には注意が必要です

日本で発売されている分は規制が入っていますが、それでもかなりグロいです。

ホラー要素やグロ要素に耐性がない人は、視聴を避けた方がいいでしょう。

どうしてもゲームの世界を味わいたいという人は、まず公式サイトを見に行って心を鍛えるか、いっそゲームを買って難易度カジュアルを選んでプレイすれば良いでしょう。

購入はこちら(PS4オンライン専用)では2千円台で買えるのでおすすめ。

サイコブレイク - PS4
ベセスダ・ソフトワークス
¥ 3,980(2018/11/07 11:37時点)

 

CERO:D(17才以上が対象)

実況なし・英語音声・日本語字幕

「サイコブレイク(The Evil Within)『悪夢-AKUMU-』- Chapter 1 ・ An Emergency Call (No Death・貴重品全回収)」(プレイリストOmegaGamesWiki™

サイコブレイク(The Evil Within)『悪夢-AKUMU-』- Chapter 1 ・An Emergency Call(No Death・貴重品全回収)

OmegaGamesWikiさんの攻略動画です。

最初見た時には、あまりの衝撃に変な笑いしか出ませんでした。

上手い人が操作すると、これほど主人公が違って見えるとは、と驚いた動画です。

しかも最高難易度である「悪夢」を、サクサクと攻略されています。

カジュアル < サバイバル < ナイトメア < 悪夢

「悪夢」って攻撃を一度でも食らえば即死なんですよね・・・凄すぎ。

セバスチャンの無敵っぷりが見ていて気持ちいいですし、何より動画を見続けても酔わないので、何話でも見ていられます。

自分とのプレイの差にショックを受ける可能性もありますが、おすすめ。

 

実況なし・日本語吹き替え・日本語字幕

【PS4】サイコブレイク(The Evil Within) – Chapter1・An Emergency Call(Survival No Damage)(プレイリスト

【PS4】サイコブレイク(The Evil Within) – Chapter 1 ・An Emergency Call(Survival No Damage)

OmegaGameswikiさんは、サバイバルモードもプレイされています。

ノーダメージで進めてあり、こちらもサックサクです。

日本語吹き替えの声優さんもキャラクターに合っていて素晴らしいです。おすすめ。

コメント