おすすめ【実況なし動画】を紹介するブログ

実況ありも実況なしも好きだけど、実況なしの動画って中々見つからない。
ということで実況なしを集めたブログを作りました。
ゲームの素晴らしさと共に、素敵な動画も広めたい。
リラックス出来る「作業用環境音」も紹介しています。

【実況なし】映画のような静かな感動 ラストオブアス

ゲーム
スポンサーリンク

The Last of Us(ラスト・オブ・アス)

公式サイト

アメリカのノーティドッグが開発した、サバイバルホラーアクションアドベンチャー。

謎の寄生菌のパンデミックから20年後、世界は荒廃し人類は滅亡寸前に陥っていた。

エリア外に出ることすらままならない中で、荷物を運ぶことを頼まれた中年男ジョエル。

しぶしぶ了解するが、その荷物は小女エリーだった。

2人は、寄生菌に犯された元人間(感染者)や、物資を奪い合う人間と戦いながら、ある場所を目指す。

 

初心者が知っておきたい、工作の予備知識

ナイフ = 刃物 + テープ

ステルスでの近接攻撃に使え、一撃で倒せることもある。

開かない扉をこじ開けることにも使え、部屋の中のアイテムを回収出来る。

どちらにしろ、初期状態では1回の使用で壊れてしまう。

治療キット = アルコール + 布

ダメージを回復させることが出来る。火炎瓶と同じ材料を使う。

火炎瓶 = アルコール + 布

一定範囲の敵を、炎で攻撃できる。レンガや瓶で誘き寄せてから投げると効果的。

治療キットと同じ材料を使う。

爆弾 = 刃物 + 火薬

一定範囲を爆発攻撃できる。投げて使うことも出来るし、設置しておけば敵が近づくと爆発する地雷型爆弾として使える。

レンガや瓶で誘き寄せてから投げると効果的。爆発しなかった分は回収も可能。

煙幕 = 火薬 + 砂糖

爆発音と煙で一定時間敵をかく乱する。煙がある間は居場所がバレず撃たれない。

囲まれた敵から逃げたい時や、複数の敵を1人ずつ確実に仕留めたい時に使うと効果的。

強化角材 = 角材 + 刃物 + テープ

角材も武器として使えるが、刃物とテープで強化することによって攻撃力が増す。

ただ、刃物とテープはナイフの材料でもある。

 

工作している間も、ゲーム世界での時間は流れている。

例えば、治療キットを作る場合・使う場合にも数秒使うので、敵が居ないかなど周りを把握しておく必要がある。

火炎瓶や爆弾を工作しておくと、貴重な弾の節約になる。

近接武器は強化角材を作らなくても、バッド・鉄パイプ・マチェット・斧を拾える。

 

スポンサーリンク

ラストオブアスは間違いなく、神ゲー

ストーリーが素晴らしいのは勿論だが、美しいグラフィックやゲームデザインなど秀逸だった。

ジョエルやエリーや他の登場人物のキャラクター像を始めとする様々な描写は、細部までリアルに表現されていたし、武器をちゃんと背負っているのも良かった。

ゲームが進んでいくにつれて、2人の心的距離や信頼関係は縮まっていく。

その2人の距離感や関係性、心情の変化などの描写は、見るものを物語のより深いところへと誘ってくれたと思う。

 

角材・ハンドガン・ライフル・弓矢・火炎瓶などのアイテムを駆使して進む。

弾が少ないので、必然的にステルス行動が中心となる。

敵を積極的に倒していくのではなく、倒す敵を吟味する必要(進行方向にいて邪魔とか)があった。

弓矢を背中からとって構えて射るという一連の動きが、惚れ惚れするほど美しかった。あの描写は素晴らしいと思う。

 

感染者も数種類いて、その特徴に合わせて対処して戦っていくのだが、敵強すぎ。

視力が無いかわりに、僅かな音を聞きつけ襲ってくる敵。

その敵を避け緊張状態でステルスしていたのに、視力がある敵に見つかってしまい、囲まれて襲われるという地獄絵図。

敵の力が非常に強くて、素手では太刀打ちできない。

そのうえ、敵が襲ってくるスピードと圧力が半端なく、怯えながら全力で逃げ回った。

 

主人公たちの体の動きは、スーパーマンでもヒーローでもない生身の人間であり、敵を撃退するのではなく生き延びるために相手の命を奪う、ということを強く感じられた動きだった。

 

超・個人的意見

このゲームを知ったとき、ちょうど海外のゲームと日本のゲームの違いについて、考えていた頃だった。

  • 解釈が難しすぎというより意味不明。
  • 伏線を広げるだけ広げて、回収しない。
  • よく分からないまま、よく分からないエンディングが流れる。もしくは突然ジャーンと終わる。

海外ではこういう、「ゲームをプレイした人間が物語を補完」し、各々のエンディングを作り上げ解釈していくという後引く」ゲームが好まれるのかもしれない。

 

謎のままである部分と、明かされる部分。

海外や日本での評価の違いは、ゲームに求めるそれらのバランスの違いのような気がしていた。

 

そのような「後引く」ゲームに理解がある人でも、不運にも「謎のままが9割」のゲームに連続してあたってしまうと・・・。

洋ゲーに対して少し苦手意識を持ってしまった、というのは理解できる。

ゲームする前に、エンディングやネタバレを読むわけにはいかないから、避けようがない。

だから「謎のままが9割」のゲームに当たりたくない一心で、洋ゲー全般を避けてしまうのだろう。

 

このラスト・オブ・アスというゲームは、このような洋ゲーショックを経験した人に、是非ともプレイして欲しいゲームだ。

洋ゲーというだけで避けないで欲しい。

下の動画を見て、少しでもゲームの世界に触れてもらえれば分かると思う(プロローグなので安心して見て欲しい)

本当に素晴らしいゲームだから。

物語の全て、終わった後の余韻、それらを感じて欲しい。

力の限り、全力でおすすめする。

 

動画

視聴について

このゲームには暴力や残虐な表現が含まれています。視聴には注意が必要です。

全人類にプレイしてほしいゲームですが、公式を見れば分かる通り18才以上が対象のゲームになっています。

対象年齢外の人は視聴しないでください

怖くて見れそうにないという人は、実況動画をおすすめします。

18才以上の人はゲームを買うか、いっそゲームを買ってしまえば良いでしょう買った方がいい本当に素晴らしいです。

購入はこちら↓

【PS4】The Last of Us Remastered PlayStation Hits 【CEROレーティング「Z」】
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥ 1,850(2018/11/07 06:51時点)

 

CERO:Z(18才以上が対象)

実況なし・英語音声・日本語字幕

「ラスト・オブ・アス(THE LAST OF US)  –  Survival Mode No Damage  プレイ動画 Part 1・プロローグ」(プレイリストOmegaGamesWiki™(サブチャンネル)

ラスト・オブ・アス (THE LAST OF US) – Survival Mode No Damage プレイ動画 Part 1 ・プロローグ

OmegaGamesWikiさんの動画です。

サバイバルモードを攻略されていて、収集品コンプリート、トロフィーも取られています。

しかも、キャラクター強化なし・武器アップグレードなし・ノーダメージという縛りプレイです。

笑うしかないぐらいのスーパープレイですね。

なのに、OmegaGamesWikiさんの動画では酔わないんですよ。ここは強調しておきたい所です。

それにサイコブレイクの動画もそうですが、主人公の動きが違うんですよね。

【実況なし】想像を絶する狂気と恐怖 サイコブレイク
Tango Gameworksが開発し、ベセスダ・ソフトワークスから発売された、サバイバルホラーゲーム。バイオハザードを生み出したた三上真司さんの作品。プレイヤーは主人公の刑事セバスチャンを操作し、恐怖と狂気に満ちた世界を生き延びるために進んでいく。

イキイキしてて、余裕があって。

まるで映画のように見ることができます。凄いですよ、おすすめ。

 

実況なし・日本語吹き替え・日本語字幕

「ラスト・オブ・アス(THE LAST OF US)-Hard Mode No Damage プレイ動画 Part1・序章」(プレイリスト

ラスト・オブ・アス (THE LAST OF US) – Hard Mode No Damage プレイ動画 Part 1 ・ 序章

OmegaGamesWikiさんは、Hard Mode(上級)にも挑戦されています。

もう、当たり前のようにノーダメージプレイです。

こちらもおすすめ。

コメント